FX検証

トレードに関する様々な事を検証していきます

初心者

【初心者】ループイフダンとは

投稿日:

FXの情報を集めているとちょくちょく見かける「ループイフダン」
初心者の方にメリットデメリットを知っておいてもらう為ループイフダンの説明をさせていただきます。

 

 

ループイフダンとは

ループイフダンとは自動売買の一種です。
「イフダン」とは「If done」の事で「IFD注文」の事を指します。

IFD注文はイフダン注文と呼ばれる方法で、新規の注文と決済を同時に発注することが可能な非常に便利な注文方法です。 決済は自分でしなくてはいけません。 しかし、イフダン注文ではそれが可能なのです。 この先100円になったら新しく買って、そのまま105円になったら決済したいな、というようなケースでイフダン注文は有効です。

簡単に言うとここまで価格が上がったら決済してね。という注文を発注の段階でかけておくことが出来る便利な注文方法です。
ループイフダンはこの注文を半永続的に繰り返し利益を積み重ねる取引です。
通貨ペア、売りor買い、値幅を好みの中から選択して注文すると、その後は自動で売り買いを繰り返します。

勝率100%の手法

突然ですが勝率100%の手法があるのをご存知ですか?それは損切りをしないという手法です。
価格が逆方向に動いてもずっと持ち続けるのです。そしてそこにナンピンをしていきます。

ナンピン(難平)買いとは、保有している銘柄の株価が下がったときに、さらに買い増しをして平均購入単価を下げることです。 例えば、6,000円で100株買った銘柄が、5,000円に下がったときに100株買い増しをしたとすると、1株当たりの平均購入単価は5,500円になり、利益が出る水準が下がります。

例えばドル円を100円の時に購入したとしましょう。
90円になったときさらに買い足します。そして80円になったときさらに買い足します。
その後価格が戻り91円になったとします。すると下記のような事がおこります。

100円時購入分  -9円
90円時購入分   +1円
80円時購入分  +11円
合計3円分の勝ち

100円時に購入しているもの単品では負けているものの、合計値では勝っていることになります。
これは90円のドル円を3ポジション持った計算と一緒です。

このようにどこまで下がってもひたすら追い続ける事が出来れば負ける事はありません。
「追い続ける事が出来れば」です。これには落とし穴があります。それは資金が続かないという事です。
追っている内にいつか口座が破綻します。理論だけなら可能なのですが事実上不可能な手法です。

ループイフダンもこのナンピンを繰り返す手法に似ているのですが、違いは損切りも入れるというところでしょう。
ただ、損切りを入れると勝率100%ではありませんし、コツコツドカンと負ける形になってしまいます。
そのために上手な設定値が必要になるわけです。

ループイフダンのメリット

自身が買いの注文を入れている場合当然上昇相場で勝つことが出来ます。そしてレンジ相場でも利益を重ねてくれます。
相場の7割がレンジ相場と言われていますし、価格は波を作りながら変動しますので、上がりっぱなし、下がりっぱなしという事は基本的にありません。(国がつぶれるとかならありえるかもしれませんが・・)
また、相場を予測する必要がないので判断に迷うという事がありません。
メンタル的にももうそろそろ利確しておきたいなどのチキン利食いを無くしてくれるのは自動売買の良い所ですね。

 

 

ループイフダンのデメリット

ここからが本当に伝えたい事でもあります。
ループイフダンは相場が自分の思った方向と逆に動いたときに、そして動き続けた時に大きな損失を作ります。
損切り無し設定で動かし続けた場合、損益は大きく膨らみます。ナンピンのようなものなのでコツコツ得ていた利益はすぐになくなってしまうでしょう。
なら損切り設定で損失幅を一定にすれば?それだと勝率が下がってしまうので損切り貧乏となってしまう可能性もあります。

 

 

結局儲かるの?

相場の7割がレンジ相場と言われていますし、価格が自分の思った方向に進むかどうかが50%だとすると勝てる確率は高いでしょう。しかし上手く設定しておかないと相場が逆方向に動いたときに大きな損失で利益を吹き飛ばいてしまいます。
リーマンショック、スイスショック、コロナショック、このような大相場の時を乗り切れるかどうかがポイントになってくると思います。こうした事を踏まえると決して初心者が簡単に勝てるというものではないと考えます。自動売買とはいえある一定の知識やスキルが必要です。逆に言えば上手く設定できれば勝つことも可能なシステムだと思います。

 

 

まとめ

私はループイフダンを利用することに反対ではありません。ナンピンも立派な戦術ですし、自動売買もトレーダーを手助けする立派なツールだと思います。しかし、戦術もツールもリスクを理解せず使用すると危険です。
ループイフダンを使用する際も検証を重ね、リスクを理解した上での使用をお勧めします。

-初心者

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【初心者】EAの選び方 バックテストデータの見極め

目次1 バックテストデータ説明2 EA選びで確認しておくべきパラメータ3 EAの能力を見極めるために見ておくべき数値4 バックテストとフォワードテスト5 まとめ まだFX始めたての方やバックテストをし …

【初心者】FXのトレードスタイル トレードスタイルの種類

目次1 相場へのアプローチ方法1.1 裁量1.2 自動売買 EA1.3 サインツール1.4 コピートレード ミラートレード2 判断材料3 期間毎に違うスタイル3.1 スキャルピング3.2 デイトレード …

【初心者】バイナリ―オプションとは

目次1 バイナリ―オプションとは2 バイナリ―オプションで知っておくべき用語3 FXとの違い3.1 出口が決まっている3.2 損失が限定されている3.3 利益率が違う3.4 手法の違い4 勝つためには …

【初心者】FX(エフエックス)とは ~FXの基礎知識~

目次1 FXってそもそも何?2 初心者が知っておくべき単語は3つ2.1 ①レバレッジ2.2 ②証拠金2.3 ③スプレッド3 どれくらいの資金が必要?4 実は超簡単!FXの取引の仕方5 まとめ 今からF …